鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力 鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力

鍵トラブルを抑制するなら電子錠で対策しよう

鍵トラブルで最も多い鍵の紛失

さまざまな鍵に関するトラブルはありますが、中でも鍵トラブルの原因で多く見られるのが『鍵の紛失』です。鍵の紛失を防ぐための対策方法はあるのでしょうか?

鍵トラブルの代償は大きい

費用
鍵トラブルによって鍵を紛失した時に一番の代償と言えるのが費用面です。業者に鍵の交換にかかる費用や出張料などを支払うと、大体2~3万円かかると言われています。また、夜中などの緊急事態の場合、さらに割増で費用が加算される可能性も十分にあり得るのです。そのため、お金がないタイミングで鍵を紛失してしまうと財布に厳しいと言えるでしょう。
時間
昼間に鍵を紛失したことが分かれば、まだ物件を管理している不動産会社だったり、家族に連絡を取ったりすることもできるのですが、夜中に紛失してしまうと次の日まで連絡が取れないということも十分にあり得ます。また、鍵屋が混雑している場合、到着するまでかなり時間がかかってしまい、冬だと厳しい夜の寒さの中でずっと待っていなくてはいけなくなってしまいます。
手間
最近ではスマートフォンを持っている人も多く、近くの鍵屋を調べることも容易になってきました。こういった便利な部分がある反面、街中であればすぐに対応も可能ですが、郊外に住んでいると鍵屋が対応しているエリアに入っているのかどうか調べなくてはなりません。時間や手間もかかりやすくなってきます。業者探しにかかる時間も含めると、長い時間を要することも分かります。

何と言っても安全面に不安が残ります

鍵

そもそも、合鍵を持っているから鍵交換はしないという人も多いのですが、こういった場合鍵を無くしてからその後すぐに空き巣の被害に遭ってしまったという方も少なくありません。空き巣犯が鍵を盗み出し、そこから空き巣の犯行を行っていくということもあるのです。そのため、鍵を無くした時点で鍵を交換しないと安全面に不安が残ってしまいます。鍵を無くしただけで交換するのはもったいないと思われてしまうかもしれませんが、大きな被害を出さないためにも鍵紛失後の早めの対策が重要となってくるのです。

紛失などの鍵トラブルも電子錠で一挙解決

家の模型と錠前

このような鍵トラブルにならないためにも、電子錠がおすすめです。電子錠というと、やはり高価なイメージを持たれる方も多いかと思いますが、最近では鍵紛失の対策として電子錠に取り替える方も多くいらっしゃいます。住宅で電子錠を搭載するとどのようなメリットが生まれるのでしょうか?

電子錠を設置する利点とは

家と錠前のイラスト

電子錠を設置する利点として、まず鍵を持ち歩かなくても良いので、鍵紛失の抑制になります。現在は暗証番号入力の他にも、指紋認証など数字を覚える必要がない電子錠まで販売されているので、暗証番号も忘れてしまったということがなくなります。また、電子錠の場合オートロックになるので、鍵の閉め忘れなどが発生することもなく、安全面はかなり高くなると言えるでしょう。鍵トラブルを解決するためにも、電子錠はとても有効的な手段です。

TOPボタン