鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力 鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力

鍵トラブルが少ない人気のある電子錠の種類

タイプ別で見る電子錠の特徴

電子鍵にもさまざまなタイプがあります。今回はそれぞれのタイプ別に、電子鍵を詳しく調べてみようと思います。

様々な電子錠

暗証番号式
暗証番号で開場するタイプの電子鍵を使うことでの最大メリットは、キーを持ち歩く必要がない事です。暗証番号さえ覚えていればお子さんでも簡単に開錠することができるので、両親が共働きのお宅でも、お子さんが鍵を紛失する心配が無くなります。
指紋認証式
指紋認証で開錠するタイプの電子鍵も人気を集めています。現在では認証の制度も格段に上がっているので、防犯力が高い電子鍵と言えます。しかし、高齢者やお子さんのように指紋が薄い方や成長によって指紋が変わる方は認証に手間がかかります。
タッチキー式
タッチキーとは、備え付けのセンサーにキーをタッチすることで開錠するタイプの電子鍵のことを言います。暗証番号や指紋認証タイプの電子鍵と違い、キーを持ち歩く必要はありますが、ワンタッチで開錠できるので便利です。

防犯アドバイザーからのオススメ電子錠紹介

既存の鍵をリフォームするお宅も増えています。電子鍵の進歩によりICカードでのデジタルロック機能を備えた電子鍵が登場しています。このデジタルロックを設置することで、鍵穴・シリンダーはそのままに、自宅の鍵をSuicaやスマホなどの電子機器で開錠できるようになります。設置もドライバー1本でできるので女性でも簡単に取り付ける事が可能です。

電子錠使用者の声を聞く

それでは、自宅の鍵を電子鍵に交換した方の声を聞いてみましょう。電子鍵に交換することのメリットなどの参考になると思います。

使用者の喜びの声

紛失癖のある私にはピッタリの鍵です(40代/男性)

自宅の鍵を暗証番号タイプの電子鍵に交換しました。以前まで、僕が鍵を紛失することが多く、子供に鍵を持たせる時も鍵トラブルの心配が絶えませんでした。そこで暗証番号タイプの電子鍵に交換。すると鍵を持ち歩く必要がなくなりスムーズに外出することができるようになりました。鍵をかけ忘れる心配も無くなり、楽な気持ちで過ごせています。

TOPボタン