鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力 鍵トラブルが飛躍的に少なくなる「電子錠」の魅力

電子錠だからこそ覚えておきたい停電時の対策

電子錠を設置する際に知っておきたい注意点

女の人

電子錠には種類がある事はご存知ですか?電源が必要なタイプと電池を使用するタイプの物があります。電源が必要な電子錠の場合は、停電した際にいくつかの注意点がありますので、設置をする前に知っておきましょう。

停電時に起こる動作とは

停電時にロックされる
停電が起こった際には、鍵がロックされてしまう場合があります。電気を使う事ができない為に電子錠が使えません。なので、鍵を開ける際にはキーを使って開ける必要があります。内側からはサムターンなどで開ける事ができます。
停電前の状態が保持される
停電が起こった際の状態を保持する場合もあります。なので、鍵が開いていた状態で停電したのであれば、鍵が開いたままになってしまいます。停電が起きている最中は電気でのコントロールができないので、手動で操作する必要があります。
自動的に解錠される
停電すると、鍵が自動的に開く場合があります。停電なので電気が使用できません。なので、鍵をロックする事ができなくなってしまいます。ロックしたい場合には電子錠を使用する事ができないので、違う物で扉を封鎖する必要があります。

これらの動作は商品によって異なる

停電が発生した際の動作は、電子錠の種類によって違いがあります。なので、万が一の事を考える必要があるのです。カタログ等で確認するか、メーカーに問い合わせを行い、しっかりと確認しましょう。また、停電などを考えて予備のバッテリーを搭載している商品も中にはあるので、設置を検討しているのであれば事前に確認してみましょう。

故障リスクについても知っておく

電子錠は紛失や停電だけではなく、故障した際のリスクについてもしっかりと確認をする必要があります。リスクを知る事で故障などの鍵トラブルが防げる場合もあるでしょう。

電子錠で考えられる故障リスクとは

ホコリなど細かいゴミが詰まる事で故障してしまう可能性もあります。なので、周辺の掃除は定期的に行いましょう。また、リモコンに不具合が生じる場合もありますので、定期的に点検をする事も必要です。故障した際の修理費用は一般的なドアよりも高い事がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

TOPボタン